SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「All About」が大リニューアル、価格.comらと連携して「調べる・買う」ができるサイトに

 テーマごとに「ガイド」と呼ばれる専門家が情報を提供する「All About」では、現在約500のテーマごとに「ガイドサイト」が設けられている。今回スタートするニューアルでは、たとえば「家電」サイトで扱っていた「炊飯器」や「冷蔵庫」の情報を、それらのテーマごとに新たにサイトを立ち上げ、「炊飯器」や「冷蔵庫」といった細分化されたサイトごとに「選び方のポイント」や「メーカー別トレンド」などの、“基本的なストック型コンテンツ”を提供する。

 また、ユーザーの「記事で紹介されていた商品・サービスを購入したい」といった声に応えるため、記事内で紹介した商品を、購買支援サイト「価格.com」などの外部サイトと連携することで、「調べる・買う」を一度に実現できるサービスをユーザーに提供する。

 今回のリニューアルでは、2001年のサイト開設当初から続けてきた“ガイド1人につき1テーマ”の構造も改定。1人のガイドが複数のテーマを担当できるようになる。

 現在、All Aboutでは、すでに「炊飯器」「中学受験(東京)」などのサイトでテストを実施。今後は、4月、7月、10月に順次改定を行い、年内にはガイドサイトを1000サイトに拡大。数年後には5000のテーマのサイトへと拡充する。リニューアルにともない、広告については、行動支援型サイトに合わせた商品設計・企画立案を行い、より費用対効果の高い商品を提供することを目指すとしている。

【関連記事】
All About、マッチングサービス「専門家にリクエスト」の提供開始
「All About モバイル」がiモード公式サービスに
価格.com、ファッション・食品でもクチコミ・評価投稿が可能に
価格.comだからわかる、商品購入前の消費者行動を可視化する「価格.com Trend Search」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング