SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「SEO対策のターゲットにはならない」Wikipediaが外部リンクにnofollow属性を導入

 世界的なオンライン百科事典プロジェクトWikipediaは、参照先として多くのユーザーが利用する人気サイトだ。ここに登録されている膨大な記事には、記事の内容を補完するために外部リンクが多く使われているが、これがSEO対策の標的となっているとして、Wikipediaが対策に乗り出した。

 具体的な措置は、たとえばWikipediaの「マーケティング」という項目の記事内にMarkeZineへの外部リンクがある場合、そのタグに「rel="nofollow"」という記述を追加するというもの。この属性が加えられた外部リンクは、グーグルなどの検索エンジンの調査対象から除外されるため、誰でも自由に投稿できるWikipediaを利用してリンク数を増やし、検索ランキングを上げようとする試みを封じることができる。

英語版Wikipediaの記事内には、すでにnofollow属性が加えられている。

 英語版Wikipediaの関係者用メーリングリストでは、「検索エンジン最適化の世界チャンピオンを決めるコンテストがWikipediaをターゲットとしているという噂があるため、Wikipediaの創始者であるジミー・ウェールズが、nofollowを導入するよう求めた」というメールが1月20日に流れた。

 nofollow属性は、米グーグルがコメントスパム防止策として2005年に導入を提唱したもので、この属性を含むリンクは信用に値しないものとして、グーグルの検索結果に反映しないことを発表。この動きには、シックス・アパート、Flickr、MSN Spaces(現在のWindows Live Spaces)などが賛同している。

参考サイト:
"Wikipedia Nofollows Links" (Google Blogoscoped)
"Nofollow back on URL links on en.wikipedia.org articles for now" ([WikiEN-l])
"Preventing comment spam" (Google Blog)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング