MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「続きはテレビで!」の衝撃
古田敦也×野茂英雄の記念番組が生んだ「続きは○○」の新境地

2009/02/10 10:00

 「続きは○○で」。近年テレビCMでよく見かけたしかけだ。広告に限らず、コンテンツをネット上で「ちょいみせ」し、自社媒体に誘導、もしくは自社商品の購入へつなげるケースは非常に多いが、果たしてそれは正しい設計なのだろうか。放送前の番組コンテンツを大胆に見せ、ネット→テレビのしかけに挑んだ関西テレビのプロモーションに迫った。【連載バックナンバー】

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5