SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新聞系ニュースサイト利用者数1位は「毎日.jp」、ポータルからの流入で「Yahoo!ニュース」は絶大な影響力

 1月の新聞社系ニュースサイトの利用者数の1位は「毎日.jp」の947万人、2位はマイクロソフトと産経新聞社が共同提供している「MSN産経ニュース」の787万人、3位は産経新聞社のニュースサイト「イザ!」が742万人で続いており、新聞の発行部数では上位の新聞社が運営している「YOMIURI ONLINE」(読売新聞社)と「asahi.com」(朝日新聞社)を上回っている。

主な新聞社ニュースサイト利用者数
(2009年1月、家庭と職場からのアクセス)

 各サイトは、ポータルサイトからの集客力を自社サイトに誘導しているが、「イザ!」は、全トラフィックの9割前後が「Yahoo!ニュース」からの流入となっており、首位の「毎日.jp」も全トラフィックの5割前後が「Yahoo!ニュース」からの流入となっている。

 一方、新聞社サイトの利用者1人あたりの平均ページビュー数で見ると、「NIKKEI NET」「asahi.com」「YOMIURI ONLINE」の順となり、利用者数との逆転現象が起きている。

主要な新聞社ニュースサイトの1人あたりの平均PV数と訪問頻度と利用者数
(2009年1月、家庭と職場からのアクセス、利用者数:単位千人)

 ネットレイティングスは「約2700万人が利用しているYahoo!ニュースは、記事を提供する主要ニュースサイトへのトラフィックの供給源にもなっている。一方、Yahoo!ニュースに依存しない日経、朝日は1人あたりの訪問回数やページビューなどが高く、ロイヤリティの高い読者を確保しており、新聞社サイトの利用特性は各社の戦略を反映したものになっている」と分析している。

【関連記事】
ニュースサイト人気No.1はダントツで「Yahoo!ニュース」、視聴率のピークは22時台
富裕層・ビジネスパーソン向けアドネットワークが4月に登場、ロイター&朝日のプレミアム感と月間1億PVの規模で勝負
「大手小町」月間1億PV突破記念、「発言小町」ガジェット公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/25 16:11 https://markezine.jp/article/detail/6675

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング