SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

可処分所得が高いほどネット利用頻度は高くなる【リサーチ】

 今回は、Eコマースの利用状況について、年代や可処分所得、そして利用デバイスなどの要素によるクロス集計を行った。その結果、年代や性別、可処分所得だけではなく、利用するデバイスによっても異なる傾向があることが判明した。【バックナンバーはこちらから】

 今回は、Eコマースの利用状況について年代や可処分所得、そして利用デバイスなどの要素でクロス集計を行った。

調査結果サマリー

  • モバイルコマースは若年層、PCコマースは年代が上がるにつれ利用率が高くなる
  • どの年代においても約35%のユーザーがPCとモバイルの両方を使い分けてインターネットを行っている
  • 可処分所得が高いほどネット利用頻度は高くなる
  • インターネットをPCとモバイルの両方から行っている層は、PCのみの層に比べ、ヘビーユーザーの割合が2倍以上高い

調査概要

  • 調査対象:20歳~49歳のモバイルユーザー350人
  • 男女比:50対50
  • キャリア比:Docomo:54.9% Ezweb:34.0% Softbank:11.1%
  • 調査期間:2008年11月28日~2008年12月1日
  • 調査方法:モバイルリサーチ
  • 調査機関:ネットエイジア株式会社

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
年代別のEコマース利用状況

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/09 17:30 https://markezine.jp/article/detail/6682

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング