SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通テック、クリエーティブコンテンツ制作事業に特化した「電通クリエーティブX」設立

 電通テックは、広告市場を取り巻く環境の変化に対応しクリエーティブの専門性と機動力を強化するため、クリエーティブ部門の一部を分割し新会社「電通クリエーティブX(クロス)」(略称:DCRX)を設立する。

 分割方式は、電通テックを分割会社とし、電通クリエーティブXを新設会社とする分社型の新設分割。電通テックのクリエーティブ本部のCM制作関連事業(関西地域のクリエーティブ制作事業を除く)を分割の対象とし、新設する電通クリエーティブXに承継する。電通クリエーティブXの代表取締役社長には、現・電通テック取締役 兼 クリエーティブ本部長の迫田 英行氏が就任する。

【関連記事】
電通「2008年日本の広告費」発表、総広告費は前年比4.7%減で7兆円割る
電通、テレビスポット広告取引をEDIシステム化、3月からすべての地上波TV局と運用
電通がcciの株式を公開買付け、完全子会社化でデジタル事業領域の体制再編へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/25 17:35 https://markezine.jp/article/detail/6700

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング