SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

あえて「きのこの軸」を買う人急増、オイシックスが3週間で1万3000パック販売

 食品のネット販売サービスを提供している「Oisix」の「もったいない」コーナーでは、本来はおいしく食べることができるのに、流通の都合などで捨てられていた食品を提供している。このコーナーで、マッシュルーム、えのき茸、しいたけの軸の部分を販売したところ、1月29日から2月19日の3週間で1万3000パックを売り上げた。

(左から)マッシュルーム、えのき茸、しいたけの「軸」

 1パックあたりの量と値段は、マッシュルームが約100gで198円、えのきは約50gで128円、しいたけは約70gで178円となっている。マッシュルームやしいたけの石づき部分はうまみがあり、スープやカレー、スパゲティなどに利用できるほか、えのき茸の軸はシャキシャキした貝柱のような食感を楽しめるという。もう少しお金を払えばしいたけが買えるけれど、同じ風味が味わえるなら軸で十分という判断だろうか。あえて軸を買うのと、これまで捨てていた軸を料理に使うようにするのと、どちらがお得なのだろうか。

 Oisixでは、通常商品のおよそ30%価格を削減した「ふぞろいな野菜たち」を販売して好評を得ており、高まる不況感の中、食卓を応援するために「もったいない」コーナーを新設。現在このコーナーでは31品目を取り扱っており、今後もさらに商品を追加していく。

【関連記事】
規格外の野菜が3割お得、オイシックス「ふぞろいな野菜たち」が12月に売上急増
中国製冷凍餃子の報道直後、「Oisix(おいしっくす)」への資料請求が3.5倍に
「野菜をネットで購入したいと思わない」は6割超、買いたくない理由No.1は「鮮度」
ゲーム中でも女性は野菜の広告に反応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング