SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

機内サービス有料化はどこまで進む?「トイレも有料」の動きも

 航空運賃の値下げのため、海外の航空会社では毛布の貸し出しやドリンクを有料化する航空会社が増えている。機械的に配られるドリンクやスナックを必要としない人、旅行費用を節約したいという人には、ありがたいサービスともいえる。そんな中、格安航空会社として知られるライアンエアーのCEO マイケル・オリアリー氏は、BBCのインタビューで、機内のトイレにコインの投入口を設置することも検討していると発言した。

 確かに有料トイレというのは日本を含めた各国に存在するが、トイレを選べない機内での有料化は、ここまで来たかという感じは否めない。しかし、機内サービス有料化の動きは航空業界全体の流れでもある。

 優良な航空会社を表彰する「World Airline Awords」は「ベスト・ローコスト・エアライン」という賞が設けられており、2008年は英国のeasyJetが、前年1位だったオーストラリアのJetstar Airwaysを制して1位を獲得。ベスト5には、Virgin Blue、Jetstar Airways、Air Berlin、Southwest Airlinesが選ばれている。この賞では、ローコストであっても利用者に基本的なサービスをきちんと提供することを前提条件としている。今回のライアンエアーのトイレ優良化がもし実施された場合、基本的なサービスの提供という観点からどのように評価されることになるだろうか?

【関連記事】
英国ネットユーザーに人気の“節約のエキスパート”、検索数でオバマ氏を上回る
暖房費節約にも一役買いそうな、人気の「あったかグッズ」とは?
イオンがPB「トップバリュ」2200品目を値下げ、低価格化を加速
年収1千万円超ネットユーザーの割合、英国は4人に1人、オーストラリアは3人に1人

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/02 12:34 https://markezine.jp/article/detail/6726

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング