MarkeZine(マーケジン)

記事種別

貧乏サイトから金持ちサイトへ
ウハウハへの近道は「ビデオ広告」の活用にあり

2009/03/12 19:00

 新しいオンライン広告手法として、米国で大きな話題となっているビデオ広告。Omniture Summit 2009では、ビデオ広告のトレンド及びアメリカのスポーツ専門CS放送局であるESPNで、どのようにビデオ広告を活用し計測されているかのセミナーが行われた。【関連記事】

ビデオ広告のトレンド

 はじめにオムニチュア社のチャド・グリーンリーフ氏から、ビデオ広告に関するトレンドが紹介された。

 オンライン広告のCPM(表示1,000回あたりの料金)が1年間で0.46ドルから0.23ドルと半額に下がっている中、ビデオ広告のCPMは$10以上という高いCPMを継続。出稿額もここ1年で前年比45%と急成長している。

 「『eMarketer』では、米国における全オンライン広告の出稿額は2013年までに2.3兆円から4.2兆円と約2倍の成長を見せると予想している。その中で、ビデオ広告への出稿額は500億円から4,000億円という伸びを見せる。全体での比率は少ないものの、8倍の伸びが予想できるため、メディア/エージェンシー/広告主からの注目は高まっていくだろう」と同氏は指摘する。

 しかし、ビデオ広告に関する計測指標は決まったフォーマットが無く、各社でさまざまな指標を持ち出しているのが現状だ。そこで、米国のアメリカのスポーツ専門CS放送局ESPNのビデオ広告活用事例を紹介した。

このセッションでは、オムニチュアのコンサルタントとユーザー企業が揃って登場した
このセッションでは、オムニチュアのコンサルタントとユーザー企業が揃って登壇した

ビデオ広告のメリットと計測指標

 まず、ビデオ広告のメリットとして次の点が挙げられた。

  • 高いエンゲージメント
  • 高いCPMが獲得可能
  • 比較的安価に開始が可能
  • ユーザーへ強い経験を与えることが可能
  • 他の広告手法より成長・進化の可能性がある

 ESPNで見ているKPIは、非常に多岐に渡る。基本的な指標である、閲覧数・1訪問あたりの平均閲覧ビデオ数・閲覧時間は以外にも、ESPNで特に重視されているのが、次の4つの手法である。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5