SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECサイト「超!効率経営」虎の巻(PR)

サイト構築だけでは終わらない!
ショップ経営の強力なパートナー「HIT-MALL」

 集客・プロモーション、物流や決済の管理、そして顧客管理にいたるまで、総合的なサポートを提供可能なEC構築パッケージ「HIT-MALL」。その価値と選定ポイントについてアイテック阪急阪神株式会社の江原穣氏と森本恭代氏に伺う。

ECサイトの成長に必要なものを、すべて提供

 ECサイトの成功には、集客のための仕掛けや、お得意様を維持・育成するためのコミュニケーションツールが不可欠。前回の記事では、アイテック阪急阪神株式会社のECサイト構築パッケージ「HIT-MALL」に、広告の効果測定や顧客分析などさまざまな機能が盛り込まれていることをご紹介した。

 実は、アイテック阪急阪神は、パッケージだけでなく、コンサルティングサービスも併せて提供しているという。

 「月1回の定例会を行い、『HIT-MALL』からわかる各種のデータを見ながら、お客様と一緒に幅広い議論を重ねます。各種数値の分析、実績の評価、改善案の策定まで、ECサイト改善のためのPDCAサイクルを二人三脚で回していくわけです。

 リニューアルに必要なカスタマイズについても、いろいろな課題をいただきます。外国語コンテンツへの対応、ポイントシステム導入のための準備、基幹業務システムとECサイトとのつなぎ込みなど、業種・業界によりさまざまですが、ECサイトに求められる機能が多機能化している印象を受けますね」(江原氏)

 こうしたことが可能なのも、もともとアイテック阪急阪神がコンピュータシステムの開発・販売・保守、アウトソーシング、ISP、Webサービスなど多角的なITソリューションを提供していること、そして、阪神タイガース公式オンラインショップ「T-SHOP」をはじめとする、さまざまなサイトの運営を担当しているからだ。ITベンダーの専門性とECサイト運営の実務経験の両方を持つ同社ならではの強みといえる。

 「売上・利益の増大はもちろんですが、コンサルティングの目標の1つが、各社ご担当者様お1人でも、PDCAサイクルを回せるようになっていただくことです。ECサイトの運営には、各種の指標の見方など、インターネット独特の知識が必要になることも多いのですが、継続的な改善が行えるようにならないと、ビジネスは長続きしませんから」(江原氏)(次ページへ続く)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
自社のノウハウが活きる、広告・プロモーションのサポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECサイト「超!効率経営」虎の巻連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/02/28 21:40 https://markezine.jp/article/detail/6894

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング