SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ホンダ、「インサイト」人気でアクセス急増、トヨタを抜いて首位に

 ネットレイティングスによると、ホンダのウェブサイトは、1人あたりの滞在時間が長く、総利用時間でトヨタ、日産に大きく差をつけてのトップなった。新型「インサイト」のブランドトップページにはホンダのウェブサイト全訪問者の約4分の1にあたる約82万人が訪問。発売告知を開始した1月以降から利用者数が増加し、発売を開始した2月にかけて利用者数を7割以上伸ばしている。

各自動車メーカーサイトの利用者数(2009年2月、家庭と職場からのアクセス)
*各自動車メーカーサイト名はNielsen Onlineの規定するBrand名を使用して表記

 利用者構成を性年齢別にみると、新型「インサイト」発売前の12月と発売月である2月ではその構成が大きく変化している。発売後は各セグメントとも利用者数が増加しているが、特にM3層(男性50歳以上)とF1層(女性20-34歳)が伸びている。

ホンダのウェブサイトの利用者数推移、および性年齢別利用者数の内訳
(2008年10月~2009年2月、家庭と職場からのアクセス)

 ホンダのウェブサイトの急激な伸びは、話題の新型モデルが牽引した久しぶりのケースであり、自動車が売れ行きが低迷するなか、今後各社のネットでの情報発信にも力が入りそうだ。

【関連記事】
女性では「インサイト」人気が「プリウス」に迫る勢い【ハイブリッドカー徹底比較】
ヤフーバリューインサイト、新生「Yahoo!リサーチ」をヤフーと共同運営
自動車購入時に「環境への配慮」を最重要視する人はわずか1.4%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング