SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライブドア、分社2期目で通期黒字化を達成

 ライブドアは、中期戦略説明会を秋葉原のUDXカンファレンスで開催した。

 今回の発表によると、2007年4月の分社化以来インターネット専業企業として原点に立ち戻った戦略が功を奏し、2008年は通期で黒字化を達成。2009年も好調を維持しているようだ。

 2008年9月期(連結・通期)の売上は86億7千6百万円で、営業利益は7億2千6百万円。2009年9月期においても、中間期(2008年10月-2009年3月)の段階で売上が44億を超えており、分社化時の目標である3年で売上100億円に迫る勢いだ。

 ライブドア代表取締役社長の出澤氏は、好業績の要因として「広告収入とデータセンター事業が好調」と強調。広告収入については、順調に成長を続けている「livedoor Blog」を活用した独自の口コミプロモーションのメニューやポータルのトップ面をジャックするメニューなどが、大手クライアントの獲得につながっているという。

ライブドアトップページのPVも増加傾向
LivedoorのトップページのPVも増加傾向にある

 一方、好業績の要因は徹底したコスト削減にもある。メール事業はGmail、画像検索は百度というようにサービスのアウトソーシングも行いつつ、辞書サービスやミニブログ「nowa」、SNSの「frepa」など不採算の終了し、億単位のコストを削減に成功。また、終了したサービスのリソースを堅調なブログ事業やデータセンターに振り向けることで、一層の成長を見込んでいる。

 ライブドアでは、今後もインターネットサービス専業企業として高収益を追求するとともに、テクノロジーを駆使した新しい価値を提供することで、3年後には売上150億円を目指す。

【関連記事】

ライブドアのブログサービスが5周年、ブログ開設者は270万人に

「クローリングしてる暇があるなら論文書いたら?」ライブドアがソーシャルブックマークの生データを研究者に無料提供
アルファブロガーと同じ土俵で闘うのは難しい! ライブドアが「階級別ブログランキング」を導入
ライブドアのブログサービスが「mixi OpenID」に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

モーリ・タロー(モーリ タロー)

フリーダムなIT系編集者・ライター 90年代半ばからIT系書籍編集者として『FreeBSD徹底入門』『ウェブログ入門』『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』などを手がける。 2008年に独立し、ソーシャルメディア、オープンソース関連を中心に執筆活動を行う。 2012年4月から、株式会社はてな シニア・エディター。●hatena: http://www.hatena.ne.jp/mohri ●twitter: http://twitter.com/mohri ●Facebook: http://www.facebook.com/imkt5l

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/21 12:11 https://markezine.jp/article/detail/7151

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング