SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DTPデータをテレビ用コンテンツへ、大日本印刷が変換ソフトを開発

 大日本印刷が開発したのは、DTPソフトInDesignなどで作成されたデータを、テレビ向けデータ放送用の記述言語であるBMLフォーマットに自動的に変換するソフトウェア。デザインや編集作業はDTPソフトで完結するため、BML言語の知識を持たないデザイナーもデータ放送用コンテンツが制作できるようになる。

通販カタログコンテンツの例

 通販カタログコンテンツでは、高い解像度を生かして、商品の細部を拡大したり、リモコンで商品の詳細情報の確認や、注文・決済を行うこともできる。また。絵本コンテンツ では、読み聞かせの音声やBGMの追加も可能となっている。

 大日本印刷は今後、デジタルテレビ用に加えて、ウェブサイト用のHTMLやデジタルサイネージ用などへの変換にも対応するとしている。

【関連記事】
アクトビラのテレビ接続台数100万台突破、4月に過去最高の7万台増
小中学生の親、テレビよりも激しいマンガへの拒否反応
「NHKオンデマンド」が苦戦、「第2日本テレビ」におよばず
富士通ら、ネットTVで広告を視聴するとポイント付与されるシステムを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/06/11 17:15 https://markezine.jp/article/detail/7525

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング