SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デコメを最も多用しているのはメディア業界、週末の集客ねらいは金曜配信【最新モバイルメルマガ事情】

雑誌・TVなどのメディア業界では8割がデコメ配信

 約1年前から急速に利用が増えてきたデコメによるメルマガは、調査対象となった企業の4割以上が利用している。最もデコメを利用しているのは、雑誌やTVなどメディア系の企業で、8割がデコメ配信を行っている。

デコメとテキストメールの利用比率(媒体数)

 これらの業種はメールにサイトのリンクを多く貼る傾向があるため、リンクが多ければ多いほど本文が長くなる。しかし、デコメの場合、文字や画像にリンクを貼ることができるため、コンパクトにまとめることができる。

購買意欲をかきたてる件名とコンパクトな画面の長さ

 今回調査したメルマガの65%以上が、件名に本文のトピックなどを表記しており、モバイルコマース分野では85%にのぼっている。一方、店舗への集客目的の場合は、約70%がメルマガのタイトル名のみで、内容のトピックなどを件名に表記しない傾向がある。

 件名に使われるトピックとしては、モバイルコマース系のメルマガの場合、25%が割安感を伝えるための表現となっており、最も多いのが「○○が980円」や「2点で¥9800→¥4500」など価格そのものを表記するパターンとなっている。

 リンク数と長さの傾向でみると、デコメメルマガでは10~20個のリンクを貼っているメルマガが多い。しかし、本文の長さは2画面以内となっているメルマガが94%を占め、短くコンパクトにまとめられている。テキストメールでは、同様のURLを掲載した場合、3画面以上の長いメールが約65%となる。

週末の集客をねらうメルマガは金曜に配信

 モバイルメルマガのメリットは、見てほしい時間に届けることができる点。1日の中で最も多くメルマガが配信されているのは12時台で約15%、11時から14時までの昼休みにかかる時間帯では約30%に達している。次に配信が多いのは、17時から20時の約28.5%で、昼休み・帰宅時間周辺の時間帯で全体の6割が配信されている。

 業界別に見ると、ファーストフード業界では、半分以上が10時から12時までの昼食前の時間帯に配信され、デリバリー業界(宅配ピザなど)では14時台、コミュニティサイトでは8時台が多くなっている。

 また、1週間における曜日の傾向としては、日曜日が最も少なく、金曜日が最も多く配信されている。週末の集客を狙うメルマガは、金曜に集中する傾向が見られるものの、家電量販店に関しては、土曜日の9時、10時台に集中している。

 1週間で最も配信の多い時間帯は金曜日の18時台。調査期間平均ではこの時間帯に13通送られており、約5分に1通が配信されていることになる。逆に最も少ないのは、早朝・深夜を除くと日曜日の15時台で、調査期間を通して、3通しか受信されなかった。

【関連記事】
「メルマガの件名で読む・読まないを決める」6割
PCメーラーのファーストビューの大きさは平均30行
翔泳社とディレクタスが共同検証、「行動ターゲティングメールの訴求力は通常のメールの6.6倍」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/07/28 13:59 https://markezine.jp/article/detail/7916

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング