SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2009特集

「サイトリニューアルの成功法則を学ぶ場に」
【MarkeZine Day 2009直前インタビュー】

 2009年10月2日(金)に秋葉原コンベンションホールにて開催する『MarkeZine Day 2009』。開催を前に、「リニューアルを成功させるための5つのコツ」のスピーカーである石井陽子氏にWebサイト運用の現状とセッションの見どころを聞いた。

勝ち組と負け組の差が鮮明な時代に

 デジタルフォレストでチーフコンサルタントを務める石井氏(写真左)は、アクセス解析データ分析を中心として数多くのWebサイトコンサルティングを手掛けている。その経験を活かし、MarkeZine Dayでは「リニューアルを成功させるための5つのコツ」と題したセッションの講演を予定している。講演の見どころの前にWebサイト運用の現状について石井氏に聞くと、

 「Webサイトの運用に成功し、大きな成果を上げている企業も増えてきましたが、反対に、莫大な費用と時間をかけたのに『問い合わせが増えない』『売上が増えない』という声も多く寄せられています。Webビジネスにおいても勝ち組と負け組が見えてきたと言えるでしょう。勝ち組は効果がわかっていますから、リニューアルや改善策に積極的です。しかし、効果が出ていないところはポテンシャルが見いだせないまま右往左往しており、差が開くばかりの状況ですね」と指摘する。

 さらに、近年の不況の影響で予算が限られるなかで、Webサイトの費用対効果の向上は大きな課題となっており、ユーザーはもちろんのこと、Web制作会社や広告代理店などもシビアな対応を求められているという。それではいったい、勝者と敗者の差は何から生まれているのか? 大きくはPDCAサイクルそのものに問題がある場合が多いと石井氏は強調する。

 「定量的に効果を測定する目的でWeb解析が活用されていなかったり、誤って活用されていたりする傾向があります。Web解析は目的なく行っても有用な情報は引き出せませんし、PDCAサイクルを漫然と回しても効果的な改善にはつながりません。何を分析するのか、結果からどのように優先順位をどう考えるのか、さらには他の部署とどのように連携していくのか。そうした戦略があってこそWeb解析を成果向上に結びつけることができるのです」

リアルビジネスの成果のどうつなげるのかが課題

 このように求められるスキルがますます高まっている状況の中、当日のセッションではECサイトとリード獲得を目的としたBtoCサイトのリニューアル成功事例を中心とした内容を予定している。

 「サイトリニューアルを成功させるために、仮説と結果を改善にどのようにつなげて考えているのか、KPIの設定はどうしたのかなどを具体的に紹介していきたいと考えています。Web解析を活用する場合、やみくもに片っ端から改善しても当然効果は上がりません。効果を上げるために何を優先的に改善していくのか、定量的なデータで客観的にサイトの状態を知ることがまず必要です。当日は定量的なデータで『何を分析すべきなのか』そしてその分析結果から、『何を実施すべきなのか』を成功事例を交えつつご紹介する予定です」

 また、最近の傾向としてWebサイト内の話だけではなくリアルビジネスとどう連携させていくのかという点が注目されてきている。

 「KPIに基づいてWeb解析を突き詰めれば突き詰めるほど『限界を感じる』ケースも多くなってきています。その理由は、年々リアルビジネスとの連携が密になっており、もはやWebサイト内だけで効果を評価したり改善策を考えたりしても成果が出にくくなっているからです。Webサイト内のコンバージョンを把握するだけではなく、店舗ではどうなっているのか、営業には影響がどう生じているのか、生産管理とどう連携するのか、といった『リアル』での成果と『Web解析』を合わせて考えることが注目されているので、その最新動向についても少しお話したいと思っています」

 毎回受講者の評価が高い石井氏のセッションは残席わずかとなる。現在、Web解析に関わっている方はもちろん、全社的な活用を考えている方もぜひご来場いただきたい(事前登録はこちらからどうぞ!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2009特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウマミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/18 17:00 https://markezine.jp/article/detail/8396

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング