SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯サイトの広告効果測定機能をアップした、アクセス解析サービス「wellout」に春バージョン登場

 ディー・ワークスは、同社の携帯サイト専用のアクセス解析サービスに新機能を搭載した「wellout 2007-spring バージョン」をリリース、3月8日よりサービスを開始している。

 「wellout」は、iモード、EZweb、Yahoo!ケータイの公式・勝手サイトのアクセス状況を解析するASPサービス。PCサイトの場合、cookieや接続元のIPアドレスを利用してユーザーセッション、ユニークユーザー、リピート率を把握する。しかし携帯の場合は、cookie未対応端末の存在や、同じIPアドレスから同時に複数のユーザーがアクセスするというシステムの特性によって、ユニークユーザーの把握が困難であるため、「ユーザー識別ID」を使って解析を行っている。

 新バージョンでは、これまでの解析結果とあわせて訪問ユニークユーザー数、成約ユニークユーザー数や、時間帯別での新規ユーザー、再訪問ユーザー数などを表示する機能を搭載。また、Microsoft のIIS6.0が出力するアクセスログに、携帯キャリア固有のHTTPヘッダー情報を含んだ形でアクセスログが出力される「IISロギングモジュール」も追加している。

 「wellout」導入の初期費用は105,000円(税込)、利用料金は広告効果測定機能込みで、月額52,500円(税込)から。同社は「wellout」の販売代理店業務を行うサイバーエージェントとともに、アイ・コンビニエンスが運営する「ローソンモバイル」へ3月7日から「wellout」を提供している。

プレスリリース:「携帯サイト専用アクセス解析サービス「wellout」新機能搭載でバージョンアップ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:25 https://markezine.jp/article/detail/875

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング