SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Androidは携帯だけじゃない、
多機能フォトフレーム、セットトップボックスも登場

 Linux カーネル上にJAVA VMを搭載するという汎用的なアーキテクチャを持つプラットフォーム「Android」を、組み込み機器のOSとして利用し、デジタル家電などに活用する試みが進んでいる。

 NTT東日本は12日、タッチパネルで操作するAndroid端末「光iフレーム(仮称)」の開発を発表した。光iフレームは、無線LAN対応のデジタルフォトフレーム型端末で、通常はデジタルフォトフレームとして利用し、必要なときに、ニュースや天気、レシピやチラシなど、ユーザーが選んだコンテンツを表示する。

「光iフレーム」は、携帯よりも大きくて見やすい7インチディスプレイ

 また、KDDI研究所は13日、Androidをベースとしたテレビ用のSTB(Set Top Box)の試作品を発表。携帯電話と同じAndroidプラットフォームを採用することによって、携帯電話とSTB上で同じコンテンツやアプリケーションを利用することが可能となる。

Androidを搭載したSTBの利用イメージ

 このSTBでは、基本機能として、IPTV フォーラム技術仕様準拠のVOD受信機能、IPマルチキャスト放送受信機能、アプリケーション連携を実現している。

【関連記事】
Google、iPhoneやAndroid向けに携帯よりも大きな広告を表示
「Androidマーケット」で日本のデベロッパーもアプリ販売が可能に
ヤッパ、「週刊:手塚治虫マガジン」をAndroid端末向けに配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/13 11:45 https://markezine.jp/article/detail/8840

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング