SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SEOに求めるのは「順位」より「成約」
企業のマーケ担当者の半数以上がSEO会社に不満

 調査は、広告代理店を除く、企業のウェブマーケティングに従事している20代から50代の男女を対象に11月に行われたもので、今回400名の回答をまとめた調査結果が発表された。SEOに求める最終目的として最も多かったのは「成約数の向上」で、検索結果の順位上昇だけでなく、成約数の向上を目的にしているウェブマーケティング担当者が多いことが明らかになった。

SEOに求める最終目的は何か

 その一方で、現在SEO会社に対策を依頼している場合、その対策状況に不満を感じると回答した担当者は54.4%にのぼっており、その理由としては「費用対効果が分かりにくい」が最も多く、7割近くに達している。 

SEO会社の対策に対する不満や課題

 調査対象者のうち、半数は自社でSEO対策を実施しており、その理由としては「予算」が最も多い。2009年度のウェブマーケティング予算の変動については「変わらない」が48.5%で最も多く、「減った」24.0%、「やや増えた」13.3%となっている。

 こうした企業側の状況からか、SEO会社を選定するポイントとして「サービスの価格」という回答が4割以上を占めており、費用対効果の不明瞭さが多くの予算を投入しにくい状況につながっているのではないかと同レポートでは推測している。 

【関連記事】
SEO対策についての悩みを相談、Q&Aサイト「おしえて!SEOTOOLS」
2008年SEO市場規模は130億円、景気後退でインハウス化の動きも
世界の広告主トップ100、中国向けの広告費が増大

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング