SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Suica自販機がマチナカへ、JR東日本がマーケティング機能を持つ自販機プラットフォームを展開

 現在、エキナカ(駅構内)のSuica自販機は約5500台で、Suicaによる決済率は平均で40%弱に達している。JR東日本ウォータービジネスは、Suica自販機を駅構内から街の中へ展開するため、新たにSuicaを活用した「電子マネー自販機プラットフォーム」を開発。交通系電子マネーの仕組みに対応しながら、飲料自販機のためのマーケティング機能を提供する。
 

「電子マネー自販機プラットフォーム」のシステム構成

 これによって、Suica電子マネーでの決済が可能になるだけでなく、時間帯別の売れ筋商品を把握したり、通信でリアルタイムに在庫確認が可能になる。このシステムを使ったSuica自販機を、アサヒ飲料、伊藤園、大塚製薬、キリンビバレッジ、サントリーフーズの各メーカーが導入を開始する。

【関連記事】
JR東日本企画、“エキシューマー”の実態を調査する「駅消費研究センター」新設
JR渋谷駅に9種類の「どん兵衛」が食べられるアドスタンド
JRのド迫力のデコメサイト「モバイル超特急」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/12/09 10:45 https://markezine.jp/article/detail/9081

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング