SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

検索のイマを追う! Search Engine Strategiesレポート

検索の新潮流─リアルタイム検索とソーシャル検索
【Search Engine Strategies Chicago 2009】


 世界最大の検索マーケティングカンファレンスの1つであるSearch Engine Strategies が現地時間の12月7日から11日の日程で、小雪のちらつくシカゴのランドマークHitlton Chicago で開催された。この記事ではリアルタイム検索とソーシャル検索をキーワードとして挙げたセッションについて紹介していく。【バックナンバー】。

リアルタイム検索、ソーシャル検索は「発見エンジン」である

 Search Engine Strategies Chicago(以下、SES Chicago)の初日、「Search on the Edge」トラックでは、検索に関連する最新動向がさまざまな視点で語られた。「Search: A Real Time Paradigm?」では、Twitterなどのサービスの登場により注目が集まりつつある、リアルタイム検索(Real Time Search)、ソーシャル検索(Social Search)をキーワードとして挙げ、これからの検索の潮流を示す内容となった。本記事では同セッションの内容をダイジェストでお届していく。

 「Search: A Real Time Paradigm?」の中で、リアルタイム検索およびソーシャル検索の全体像を掴む最適なプレゼンテーションを米MicrosoftのHo Jhon Lee氏が披露していたので紹介しよう。同氏は、米Microsoftが提供する検索エンジン「Bing」(ビング)のソーシャル及びリアルタイム検索のプログラムマネージャーを務めている。

Ho Jhon Lee氏
 Ho Jhon Lee氏

 Lee氏はリアルタイム検索やソーシャル検索を表わす端的な表現として、「パニックの状況や人々の感情を発見するのに最適なエンジン」という言葉を使った。例としてTwitter Searchで「鳥インフルエンザ」というキーワードを検索してみよう。

 通常の検索エンジンで「鳥インフルエンザ」を検索した場合、鳥インフルエンザについてのニュースや医学的な情報、または公的機関からの勧告などが表示されるだろう。一方でTwitter searchを用いると直接的に人々の感情や不安などを見つけることができ、「何が起こりつつあるか」を発見するのに役に立つという。さらに、時系列や地域情報を足していくことで情報の精度を増していくことも可能となる。

 つまり、「いま、何が起こっているのか」(リアルタイム性)「人々がどう感じているのか」(ソーシャル性)という今までの検索エンジンが提供できなかった情報をユーザーは発見できるようになったわけだ。こうした、リアルタイム検索、ソーシャル検索の特徴について Lee氏は次のようにまとめている。その前にまずは、ソーシャルメディアの特徴を見てみよう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ソーシャルメディアの特徴

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
検索のイマを追う! Search Engine Strategiesレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小越 崇広(オゴシタカヒロ)

サイバーエージェント入社後自社メディアの営業・プランナーを兼務し、 新興メディア上でのコミュニケーション立案に携わる。2006年11月同社のネット トレンド研究室立ち上げに参画。翌1月から同社の100%出資子会社のCAテクノロ ジー に出向。同社のマーケティング局の立ち上げに奔走している。個人ブログ は今日のニッパウ。Twitterは @ogoshi

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

株式会社CAテクノロジー(カブシキカイシャ シーエーテクノロジー)

サイバーエージェントグループのSEO専業コンサルティング会社として、2007年4月設立。代表取締役社長 石井洋之。SEO戦略の立案、SEOに特化した効果測定ツールの提供から、サイト制作まで、WEBの収益向上にむけたサービスを提供。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/01/07 13:23 https://markezine.jp/article/detail/9190

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング