SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

履歴書にメールアドレスは常識?
4割が記載、そのほとんどがPC用のフリーメールアドレス

 今回の調査は、20代から40代のネットユーザーを対象に行われ、男女497名の回答を集計したもの。全体の7割を占める履歴書作成経験者のうち、41.1%が「メールアドレスを記載する」と回答。このうち、「必ず記載する」とした人は16.7%だった。

仮に自分が企業の採用担当者だったとして、採用担当者側から見て、
応募者の履歴書にメールアドレスの記載は必要だと思うか
<必須・択一>(n=497)

 メールアドレスを記載したことがある人の9割が、「PC用メールアドレス」を記載しており、その半数近くが「フリーメールアドレス」だった。逆に、自分が採用担当者である場合を想定して、履歴書に記載が必要かをたずねたところ、47.3%の人が「必要」との見解を示した。

【関連記事】
DODA、選考通過した応募者だけ課金する成果報酬型求人情報サービス
リクルート、ウェブ版「就職ジャーナル」を本格展開
転職の面接前、第一志望に合格したときに聴く曲は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/02/08 11:45 https://markezine.jp/article/detail/9559

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング