SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

キャッチアップ配信

読み:キャッチアップハイシン
正式名称:Catch-Up TV/放送直後から一定期間、番組を配信すること

記事更新  

【意味・内容】

放送直後から一定期間、番組を配信すること

【解説】

「見逃し配信」ともいわれ、放送直後から一定期間、インターネットを通じて番組をオンデマンド配信するサービスのこと。日本のキャッチアップ配信の代表的な媒体であるTVerは、基本的に放送後から1週間コンテンツをアップしている。

【英語表記】

Catch-Up TV

「デジ単」デジタルマーケティングの単語帳 イメージでつかむ重要ワード365』より抜粋

同じカテゴリの他の用語

「動画広告」カテゴリの用語一覧へ

キャッチアップ配信に関連するお勧め記事

用語集TOPへ