SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

成果を上げる!広告運用改善シナリオ(PR)

“大企業”サントリー酒類が超速PDCAを回せるワケ

 アクセス解析は重要だが簡単な作業ではない。分析には時間が掛かるし、作成されたレポートも難解で直感的に分かりづらい――。そんな現状に課題を感じていたサントリー酒類は、広告効果測定システムの「WebAntenna」を導入。意思決定までのスパンを劇的に短縮することに成功し、成果につながっている。その内幕とは。

「施策が成果につながったか」直感的に分かるツールが必要に

 “実施した施策は、成果につながったか”。

 マーケターにとっては、広告のクリック単価やサイトのPVといった数字はあくまでオマケ。最終的には、事業の成長につながる成果を出せたかどうかが問われることになる。

 アクセス解析ツールやリスティング広告などの管理ツールを使ってデータを集めるという手もあるが、Webの専門家向けに作られたツールがほとんど。事業会社のマーケターにとっては「施策がどんな成果につながったのか、レポートを見てもピンと来なかった」。サントリー酒類株式会社 企画部 Webビジネス推進グループの室元隆志課長(写真左)は、打った施策の成果を直感的に理解できるツールの必要性を感じていたという。

 「グループサイトにバナーを貼ったら、どの程度の効果があるのか。リスティング、SEO、自社媒体、メルマガと、どんな施策を打てばどんな成果につながるのか、網羅的に見られるツールが必要だと感じていました」

 室元氏の部署のミッションは、Webで新しいビジネススキームを作ること。酒類の通販サイト「E-liquor」や、サントリーの酒類を扱ってくれる飲食店情報サイトの「サントリーグルメガイド」「BAR-NAVI」などのサイト運営とマーケティングスキーム開発を担当している。

 飲食店情報サイトを運営する背景には、店舗への集客を支援する代わりに、サントリーの酒類の取り扱いを増やしてもらおうという狙いがある。「サイトから集客を手伝うので酒類を置いてくれないか」と営業ツールの1つとして活用してもらおうという考えだ。

 ただ、例えば「特集を組んで集客しますから」という営業トークで口説いてきたのなら、1~2か月程度の短い特集期間のうちに成果を残さなければ、取引は打ち切られてしまうかもしれない。人気ブロガーを派遣して取り上げてもらう、メルマガからの集客を図る、といった施策で期間中に成果を残せるように手を打ってきたそうだが、その効果をもっと短いスパンで把握できないかと模索していたという。

 【参考情報】

 先進的なマーケティングに取り組むサントリー酒類株式会社も採用した広告効果測定システム『WebAntenna』の詳細は、ビービット社サイトに掲載されています。興味のある方はぜひご覧ください。

次のページ
越えられなかった1カ月の壁を「WebAntenna」で乗り越えた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
成果を上げる!広告運用改善シナリオ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/26 22:01 https://markezine.jp/article/detail/10125

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング