MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本発のモバイルソーシャルアプリケーション仕様が
世界標準に採択

2010/12/14 11:25

 フィーチャーフォン(WAP)向けmixiアプリの技術仕様が、ウェブ共通のソーシャルアプリケーションプラットフォームの普及を目指す非営利団体「OpenSocial Foundation」に、OpenSocialの正式仕様「OpenSocial WAP Extension Specification」として採択された。フィーチャーフォン向けのソーシャルアプリケーションは、ミクシィが世界ではじめて企画開発を行った。

 「フィーチャーフォン(feature phone)」は、通話主体の携帯電話にベンリな機能(feature)を追加したものだが、スマートフォンとは別の進化をとげている。米調査会社comScoreが行った調査によると、2009年の米国の携帯電話市場におけるスマートフォンのシェアは17%にとどまっており、8割以上を占める「非スマートフォン」の多くがフィーチャーフォンと見ることができる。

【関連記事】
「ミクシィ年賀状」今年は携帯でも利用可能に
モバゲーでソーシャルゲーム「ルパン三世」
ドコモ、FOMAの通信速度の約10倍を実現する携帯サービス「Xi」
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5