SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プロが聞いてみたいプレゼン1位は「糸井さん」
広告・IT業界で働く400人のプレゼンに関する意識調査

プレゼンの前日には「5時間以上寝る」が8割

 常盤薬品工業は1月、「プレゼンのプロ」といえる広告業界とIT業界で働く人を対象に、「プレゼンテーション」についての意識調査を行った。調査は今年1月、一都三県で働く広告・IT系業で働く男女400名を対象に行われた。

 広告業界・IT業界で働く人々は、はたしてどのくらいの量のプレゼンをこなしているのか? まず、プレゼンを行う頻度についてたずねたところ、「月1~5回」という回答が8割で、中には「31回以上」というツワモノも。タイトなスケジュールのなかで準備にかける時間は「3日以下」が6割で、「1日以下」という人も1割以上。しかし、前の晩にはしっかり寝る人が多く、8割近い人が5時間以上寝ている。

プロが気になるプロのプレゼン

 「プレゼンのプロ」たちに、プレゼンを聞いてみたい同業者を聞いてみると以下のような結果となった。

*広告・IT業界で誰のプレゼンを聞いてみたいか(複数回答)-常盤薬品工業調べ
1位 糸井重里(東京糸井重里事務所代表取締役) 48.3%
2位 佐藤尚之(電通) 18.8%
3位 佐々木かをり (イー・ウーマン代表取締役社長 ) 18.3%
4位 岸勇希(電通) 9.5%
5位 徳力 基彦(アジャイルメディア・ネットワーク代表取締役社長) 7.5%

 プレゼンのプロたちが考える「プレゼン中に心がけること」と「プレゼンに必要な要素」については、「プレゼンは演劇だと思って振舞う」「キーマンに語りかける」「論理性」「インパクト」が上位に上がった。また、参考にしたことがある本の1位は「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」(日経BP社)だった。

 また、プレゼンに挑むための私的テーマソングとしては、「ロッキーのテーマ」などテンションを高める効果が期待できそうな曲がランクイン。また、5割以上の人が「勝負服がある」と回答している。

【関連記事】
アイレップ、検索エンジンマーケティング業界10大ニュースを発表
電通「サトナオ・オープン・ラボ」、ソーシャルメディアに対応した消費行動モデル「SIPS」発表
ジョブズのカリスマを知る男、ガイ・カワサキ流「すべらない事業の始め方」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/02/01 17:50 https://markezine.jp/article/detail/13307

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング