MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ネットレイティングス、ソーシャルメディアの脅威を検知・評価する「スレットトラッカー」提供開始

2011/05/16 13:05

 ニールセン・ネットレイティングスは、日本のソーシャルメディアを横断的に監視し、企業のリスクをいち早く発見、報告するサービス「スレットトラッカー」の提供を開始した。このサービスでは、「アラートサービス」と「アラート&分析サービス」の2つを提供する。

 「アラートサービス」は、日次または週次での対象ブランドのバズボリュームを報告し、前期間比150%以上のボリュームを超えた際の要素トピックスを報告する。価格は、週次報告版が月額10万円から/1ブランド。

 また、「アラート&分析サービス」では、ソーシャルメディア上でのリスク要因となるクチコミを検知、通報し、リスク度合いを分析。日次、週次、月次での対象ブランドのバズボリュームを報告し、クチコミの多いサイト、執筆者(発信者)のランキングを報告する。また、トピックス分析、重症度分析などの各種分析も行う。価格は、月次報告版が月額100万円から/1ブランドとなっている。

【関連記事】
電通、クチコミ分析サービスをリニューアル
ホットリンク、Twitterユーザーが反応する「ツボ」を分析
ソーシャルメディアを使わなくなった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5