SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯クチコミの主役は10代女性、最もクチコミされるのは「映画・音楽」

 IMJモバイルと調査会社のユーティルは、「携帯コンテンツの利用実態調査」を実施し、6月26日にその結果を発表した。この調査は2007年5月17日~5月19日の間に行われ、1,117名から有効回答を得ている。

 発表された資料によると、携帯ユーザーの35%が携帯メールによるクチコミを行い、1割以上が携帯のブログやSNSへの投稿を経験している。特に10代女性のクチコミ行動が顕著で、5割以上が携帯メールでのクチコミを行い、ブログへの書込み経験も4割以上に達している。

 どんなメディアと接触したときに携帯でクチコミ行動をとるのかについては、「テレビ」が全体の37%と最も多い。それに続いて多いのが「パソコンでのネット利用」(34.4%)、「新聞・雑誌」(30.0%)。パソコンでネットサーフィンをしているなら、わざわざ携帯を使わずにパソコンでメールを送ればいいようにも思えるが…?

 また、最もクチコミされる商品・サービスは「映画・音楽」が75%と最も多く、次いで 「パソコン・周辺機器・ソフト」(70%)、「飲食店情報」(67%)など、比較的低価格帯のものが多い。ちなみにすべての商品・サービスにおいて最も多いクチコミの方法は「直接会って話す」だった。

プレスリリース:「携帯でのクチコミ実態調査~携帯でのクチコミはどれだけ影響力があるのか?~携帯ブログの利用は15%、携帯でのSNSの利用は11%」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/06/27 16:39 https://markezine.jp/article/detail/1378

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング