SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

グーグルSEOと集客と売上のできるホームページ

同一ドメインからのリンクやIP分散はSEOに効果あり? 改めて見直したいSEOの基本


 今回は、このシリーズの最終回です。SEOとグーグル対策について簡単にまとめました。SEOの方針、同一ドメインからのリンク、IPアドレス分散や中古ドメイン、そしてグーグルが評価する?ナチュラルリンクについて。

持続可能なインターネットビジネス

 ビジネス・ホームページの目的は、売上です。そして、集客はその手段、かつSEOはさらに集客の一方法に過ぎません。ゆめゆめ、手段を目的化しないようにしましょう。

 SEOとしては、メジャーキーワードが1ページ目やトップなどに表示されると、たしかに凄いトラフィックとなります。しかし、「いつまでも続くと思うな上位表示」。順位下落は想定外、という判断停止は禁物です。

 ヤフー検索がグーグルエンジンに変わった今、順位変動のリスクも破壊的となっているのです。集客は、検索経由に頼らずにソーシャルネットワークも含む、集客チャネルを拡大しておくことが、大事です。

SEOの方針を決めてますか?

 最近お騒がせの、「ファーマー・アップデート」「パンダ・アルゴリズム」など、旬の業界情報に惑わされず、別の角度で検索エンジンやグーグルに接近してみましょう。

 「もし自分が検索エンジンを運営するなら」、どのようなページを上位にしたいか、どのようなページを表示させたくないか、考えてみましょう。

 キーワードの書き方やリンクの張り方など、つまりSEOのテクニックばかりでウェブページを判断せずに、本当に自分のサイトは競合サイトよりもユーザーにとって価値があるのか、自分が張ったリンク先に行くとユーザーに利便性があるのか、リンク元のブログ記事なども役に立っているのか、答えはそこにあると言えるでしょう。

 そして、あえてSEOをやるのであれば両極端として、ローリスク・ローリターンかハイリスク・ハイリターンか、方針を決めておきましょう。

 ローリスク・ローリターンとしては、どんなにアルゴリズムを変更しても、いろいろペナルティを導入しても、順位変動に悩まないような持続可能なSEOをやるべきでしょう。ただし、無難で順位アップも大きくは期待できません。

 ハイリスク・ハイリターンとしては、ダウンしたら次のサイト、という使い捨てSEOになります。きわどいSEO(あるいはスパムやブラックハット?)で順位アップさせて、トラフィックを稼ぐだけ稼いで、勝ち逃げし続けることです。

 あとはセンスと方針次第で、ミドルリスク・ミドルリターンといった、ペナルティを受けにくいぎりぎりのホワイトハットSEOで、それなりの集客と売上を求めることでしょう。

 つまり、行き当たりばったりの、何かが起こってから善後策を講じるのではなく、はじめから方針を持ってやり抜くべきなのです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
改めて見直したいSEO TIPS

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
グーグルSEOと集客と売上のできるホームページ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

アルゴリズム(アルゴリズム)

本名:石崎和男 株式会社アルゴリズム 代表取締役。福岡商工会議所、府中商工会議所(広島県)、法人会員。独自の研究と実験や検証を元にした検索エンジン対策を確立し、テンプレート販売やランクアップ・サポートなどのSEO事業、およびウェブマーケティングを展開している。運営しているSEO塾の塾生は延べ数千人、セミナー...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/06/10 16:09 https://markezine.jp/article/detail/13891

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング