MarkeZine(マーケジン)

記事種別

IEユーザーが9割のヤフー、複数アカウント保有者が多いグーグル【検索エンジン利用者調査】

2011/07/14 13:20

 スパイアは5月中旬に、自社で運営するリサーチパネルに対して「検索エンジン」に関するアンケートを実施し、2830名の回答を得た。「Google(グーグル)」と「Yahoo! JAPAN(ヤフー)」の利用状況を見ると、男性ではグーグルとヤフーがほぼ同数だが、女性ではヤフーの方が倍以上多くなっている。また、男女ともに若年層ほどグーグルが多い傾向にある。

GoogleとYahoo! JAPANの利用状況
※総務省「平成22年通信利用動向調査」の「性・年代別インターネット利用者数」をもとに
ウェイトバック集計を行い、実際のインターネット利用人口の比率に補正。

 ブラウザの利用については、ヤフーユーザーは「Internet Explorer」をあげる人が9割弱と突出して多くなっている。グーグルユーザーにおいても「Internet Explorer」の利用者は6割を占めるが、その他のブラウザについての認知・利用が高い点が特徴的だ。

最も利用しているブラウザ

 アカウント保有状況を見ると、グーグルユーザーはグーグルのアカウントを持つ人が52.6%、ヤフーのアカウントをもつ人が68.8%となっており、複数アカウントを保有する傾向がある。ヤフーユーザーはヤフーアカウント保有者が8割を超えるのに対して、グーグルアカウントは2割弱と極めて低くなっている。

アカウント保有状況

 ソーシャルメディアの利用については、「ブログ」「Twitter」「mixi」でグーグルユーザーがヤフーユーザーを大きく上回っており、関心の高さがうかがえる。ヤフーユーザーは「グリー」や「モバゲー」など“ゲーム色の強いソーシャルメディア”においてはグーグルユーザー以上、もしくは近い結果となっている。

ソーシャルメディアの利用状況

 また、スマートフォンについては、グーグルユーザーは、スマートフォンの保有・インターネット利用共にヤフーユーザーより多くなっており、利用時間や検索頻度なども上回っている。

【関連記事】
グーグル、リアルタイム検索を一時休止、ツイッター社との契約切れ
グーグル、キーワードなしの「画像で検索」サービス開始
ヤフーがツイッター社と提携、「リアルタイム検索」公開
ヤフーとローソン、ネットと店舗で新サービスを続々展開
iPhone用ブラウザ「Opera Mini」が100万ダウンロード達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5