SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

最新調査レポート

女性の購買行動に関する調査
年代が高いほど、「店舗店員オススメ」をきっかけに家電・電化製品を購入

 IMJモバイルでは、女性の購買行動に関する調査を行いました。服(プライベート用)、家電・電化製品、医療品・サプリ・ダイエット用品それぞれのジャンルにおける女性の購買行動を調査しました。

調査結果概要

 2011年4月に実施した男性ユーザーを対象とした調査に続き、商材ごとに購買行動に関する調査を実施し、特徴のあった「服(プライベート用)」「家電・電化製品(自分専用)」「医薬品・サプリ・ダイエット用品」の3ジャンルについて購入のきっかけとなる情報源、購入する際の後押し、購入する場所をレポートとしてまとめました。

服(プライベート用)

 10代20代女性では友達や家族、店員の薦めが購入の後押しとなり、一方、30代40代女性では割引・クーポンや送料無料などの金銭的価値に直結する点を回答するユーザーが多く、年代によって差がみられました。

家電・電化製品(自分専用)

 クチコミサイト上の情報が購入するきっかけとして最も多く、次ぐ2位は男性では6位であった店員のオススメとなりました。店員のオススメは年代が高いほどきっかけとなることが伺えます。

医薬品・サプリ・ダイエット用品

 40代女性は専門家の評価や特典(サンプル品)が購入の後押しとなり、実店舗だけでなくサイバーモールやECサイトなどのネットを利用して購入している様子がみられました。

調査概要

  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査地域:全国
  • 調査対象:15~49歳の女性 ※調査会社が保有する調査パネル
  • 有効回答数:620サンプル
  • 調査日時:2011年5月26日~5月27日
  • 割付条件:年代別のインターネット利用率を「平成23年1月総務省全国男女別推計人口」を元に算出し割付を行った ※インターネット利用率は総務省通信利用動向調査を参照
年代/居住地域/職業
年代/居住地域/職業

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
女性の購入商品ジャンルは幅広く、特に身の回りのお洒落のための商品を購入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
最新調査レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アイ・エム・ジェイ R&D室(カブシキカイシャアイ・エム・ジェイ アールアンドディーシツ)

IMJグループ では、デジタルマーケティングに関わる様々な情報を、多様な視点から調査・分析を行い、各種調査レポートを発信しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/08/30 11:00 https://markezine.jp/article/detail/14253

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング