SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

資生堂、中国向けネットショップを開設

 資生堂は今年度から3か年計画で、中国での新事業を展開する。まず、9月15日に専用サイトを開設して、中国の消費をリードする若い「80後」世代の自然派志向層を主なターゲットとして販売を行う。取扱商品はスキンケア14品目。価格帯は90元から230元。このサイトでは、問い合わせの受付やオンラインカウンセリングも行う。資生堂は、来年4月からWebマーケティングを本格的に展開し、実店舗との連携を図る。

資生堂 夢をかなえる人材育成プロジェクト 告知ポスター
資生堂 夢をかなえる人材育成プロジェクト 告知ポスター

 また、グローバルブランド「SHISEIDO」「クレ・ド・ポー ボーテ」「ベアミネラル」の3ブランドを育成し、500億から1000億円規模のブランドを複数有するグローバルマルチブランドカンパニーを目指す。今年の12月には新たに「TSUBAKI」を中国へ導入する。このほか、ヘルスケア事業のコラーゲンドリンクの発売、デパート、化粧品専門店での販売強化や人材育成などにも注力する。

【関連記事】
資生堂がウェブマーケティング強化
資生堂、メーク番組配信でアジアの視聴者と交流
スマホのOS「わからない」、女性ユーザーの4割
ユニクロ史上最大の旗艦店がニューヨークにオープン
女性の購買行動は既婚/未婚、彼氏の有無でどう違うのか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/09/15 12:51 https://markezine.jp/article/detail/14401

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング