MarkeZine(マーケジン)

記事種別

“選挙ポスター”を利用したスケボーメーカーのゲリラ広告

 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事を、週に1回お届けするこの連載。今週は、街中の選挙ポスターにイタズラをして、スケボーの宣伝に変えてしまうという、ゲリラ広告です。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2011年
  • 国名:デンマーク
  • 企業名:Alis
  • 業種:スポーツ用品

政治家がスケーターに変身・・・?

 今回紹介するのは、スケートボードメーカー「Alis」による『選挙ポスター』を使ったプロモーション。選挙期間中、街中に数多く貼られている候補者の『選挙ポスター』を使ったコミュニケーションです。

ターゲット・背景

 プロモーションの狙いは、政治に全く関心のない層(若者)である『スケートボーダー』に、『選挙ポスター』を使って有効なコミュニケーションを図ることです。

 彼らが日ごろ関心の薄い選挙ポスターをあえてプロモーションに活用することで意外性を持たせ、一般的なプロモーションよりもターゲットの興味喚起を増幅することを意図していると思われます。

施策

 プロモーションの流れは次の通りです。まず、街中にある選挙ポスターを撮影します。

 その後、スケートボードを手に持ち、各候補者と似た服を身につけた男女の“顔から下部分”をスタジオで撮影します。

 スタジオで撮影した画像を、Photoshopを使って各選挙ポスターの顔から下部分にピッタリはまるように加工し、プリントアウトします。

 印刷したものを、街中にある選挙ポスターの下部分に貼り付けていきます。

 できあがったポスターが下記です。あたかも候補者たちが、スケボーが大好きなように見えます。

 追加で貼り付けたポスターには、“アジェンダ”として「もっとスケボーパークを作ります!」と明記されていました。

 洒落っ気があって楽しいアプローチ。日本でやったら、多分どこかから怒られますよね。

プロモーションの模様をまとめた動画はコチラ

引用元サイト

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5