MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「MarkeZine Day 2011 東京」開催
良品計画のソーシャルコマース「my MUJI」活用の最新動向

2011/10/07 12:50

 MarkeZine Dayは、翔泳社主催のオンラインマーケター向けカンファレンス。2011年度では5回目となる今回のテーマは、ソーシャルメディア&スマートフォン活用の最新事例。全14セッションで、事業会社の事例から動画、広告運用、アクセス解析などの実務テクニックまで、本テーマを網羅する。

「MarkeZine Day 2011 東京」会場内の様子

 A会場最初のセッションには、株式会社良品計画 WEB事業部 WEB製作担当(兼)コミュニティー担当 課長の川名常海氏が登壇。「無印良品のソーシャルコマース活用について」と題し、今年8月に立ち上げたばかりの、ソーシャルコマースサイト「my MUJI」の事例を紹介した。

 「my MUJI」は、ユーザー同士がコミュニケーションの場として設置された。開始から2ヵ月ということもあり、まずは会話の活性化を課題とし、取り組んでいるという。累計でユーザーは数千人規模、1人のアクションから、ソーシャルメディア上の友人6~7人が無印良品に対し何らかの気づきを得ている状況だ。1人で100近いコメントをつける場合もあるという。

 「my MUJI」のマーケティング戦略は3つ。1つ目は、ユーザーのソーシャルメディア上の人間関係を持ち込んでもらうこと。2つ目は、無印良品のアイテムへのリアルな評価を得ること。3つ目は、無印良品に関する情報を、ユーザーが積極的に探しに行かずとも自然に流れ込む環境を作ることである。

講演する株式会社良品計画の川名常海氏

 目標設定となると、どうしても「商品購入」というコンバージョンを設定しがちだが、川名氏は「それは結果的に起きる現象」だとする。現段階では、あくまでCtoCの場の提供を最優先にしているのだ。その背景には、海外含め約500あるリアル店舗でのコミュニケーションを重要視していることがある。

 来たる11月に、ユーザーが無印良品の棚を作ることができる、ゲーム要素の強いサービスをリリース予定。現在、「my MUJI」自体はスマホ未対応だが、ゲームサービスはスマホをベースに開発中とのことだ。

 本カンファレンス「MarkeZine Day 2011 東京」では、ソーシャルメディア&スマートフォン活用におけるより具体的な実務ノウハウを、午後のセッションで展開していく。

【関連記事】
・ファン数「1000人以上」の企業は22%どまり【フェイスブック関する企業の意識調査】
・ソーシャルメディアを活用している企業1位は「日本コカ・コーラ」、半年でFacebook利用企業が24%→84%
・なぜ、スターバックスのファン獲得数は3倍になったのか
・ ECサイトの9割が「ツイッター」導入、2位「Facebookいいね」3位「mixiチェック」
・企業のソーシャルメディア担当者の悩み、「人材不足」「ネタがない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5