SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

キャンペーンの応募経験、ツイッターはフェイスブックの2倍以上

 シックス・アパートは9月の後半に、同社のソーシャルメディア相互連携ツール「Zenback」の告知欄でアンケート調査を実施し、766名から回答を得た(男性81.2%、女性:18.8%)。

 今回の調査対象者におけるツイッターへの登録率は93.2%。このことからも、ツイッターを使ったキャンペーンに応募したことがあるユーザーは59%と突出して多く、2回以上応募したことがあるユーザーは47.3%に達している。

企業のキャンペーンに参加した回数(ツイッターとフェイスブックの比較)
※シックス・アパートのデータをもとに作図
企業のキャンペーンに参加した回数(ツイッターとフェイスブックの比較)※シックス・アパートのデータをもとに作図

 一方、フェイスブックについては、企業のFacebookページの「いいね!」ボタンを押したことがあるユーザーは55.2%。そのうちキャンペーンの応募経験者は26.5%、2回以上応募したことがあるユーザーは20.4%にとどまっている。また、企業ブログの認知のきっかけは、「企業ウェブサイトから」の73.0%に次いで、「ソーシャルメディアから」の流入が38.9%で、3位の「検索から」の30.4%を上回っている。

【関連記事】
ツイッターで「フリスク」とつぶやくと、“さわやかすぎる通勤”をプレゼント
なぜ、スターバックスのファン獲得数は3倍になったのか
mixiの「ソーシャルラジオ」企画、ローソンへの送客数42万人
あけおめツイートで、日本のユーザーが新記録
ECサイトの9割が「ツイッター」導入、2位「Facebookいいね」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング