SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本人が希望する海外就業地ベスト3は
「シンガポール・オーストラリア・アメリカ」

 ロバート・ウォルターズは、1800人以上のグローバル人材から回答を得て最新の職務環境調査結果を発表した。日本人が海外で働くときに希望する国別ランキングでは、1位「シンガポール」(16%)、2位「オーストラリア」(14%)、3位「アメリカ」(12%)、4位「香港」(10%)、5位「イギリス/ニュージーランド」(各6%)、6位「中国」(5%)、7位「韓国」(3%)となった。

 専門職の78%は、海外での就業経験が有利になり、CV(履歴書)上でも評価されると感じている。 移住を魅力的だと感じる理由としては、「キャリアアップ」と「外国文化の体験」があがっている。

 海外で就業することについて、3月の震災前と震災後とでは「変化はない」と答えた回答者は48%だが、30%が海外での就業に強い興味を持つようになったと回答し、残る22%は移住の可能性は低くなったと回答している。

【関連記事】
中小企業が進出したい候補地ベスト3は 「中国・ASEAN・米国」
中国の大学生と日本企業をマッチングする「啓程日本」
グリー、韓国・シンガポール・イギリス・オランダ・ブラジルに子会社
企業のソーシャルメディア担当者の悩み、「人材不足」「ネタがない」
食材の放射性物質検査、「政府や自治体」より「企業や団体」に高評価

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/10/25 12:27 https://markezine.jp/article/detail/14585

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング