MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本人が希望する海外就業地ベスト3は
「シンガポール・オーストラリア・アメリカ」

2011/10/25 12:25

 ロバート・ウォルターズは、1800人以上のグローバル人材から回答を得て最新の職務環境調査結果を発表した。日本人が海外で働くときに希望する国別ランキングでは、1位「シンガポール」(16%)、2位「オーストラリア」(14%)、3位「アメリカ」(12%)、4位「香港」(10%)、5位「イギリス/ニュージーランド」(各6%)、6位「中国」(5%)、7位「韓国」(3%)となった。

 専門職の78%は、海外での就業経験が有利になり、CV(履歴書)上でも評価されると感じている。 移住を魅力的だと感じる理由としては、「キャリアアップ」と「外国文化の体験」があがっている。

 海外で就業することについて、3月の震災前と震災後とでは「変化はない」と答えた回答者は48%だが、30%が海外での就業に強い興味を持つようになったと回答し、残る22%は移住の可能性は低くなったと回答している。

【関連記事】
中小企業が進出したい候補地ベスト3は 「中国・ASEAN・米国」
中国の大学生と日本企業をマッチングする「啓程日本」
グリー、韓国・シンガポール・イギリス・オランダ・ブラジルに子会社
企業のソーシャルメディア担当者の悩み、「人材不足」「ネタがない」
食材の放射性物質検査、「政府や自治体」より「企業や団体」に高評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5