SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ライオン、寄りかかり防止機能付き「目覚ましアプリ」をリリース

 ライオンは10月に、首都圏の20~50代のサラリーマン男性1000人に「電車内での過ごし方」についての調査を行った。その結果、電車でうたた寝をする「電車仮眠族」がいることが明らかになり、年間平均60時間近くも電車で寝ていることがわかった。しかし、その原因は、「仕事でたまった疲れ」「アルコール摂取による酔い」「長い通勤時間による疲れ」など、日ごろから疲れがたまっているサラリーマンならではの理由によるものが多い。

4人のグラビアアイドルがやさしく起こしてくれる
4人のグラビアアイドルがやさしく起こしてくれる

 疲れ気味のサラリーマン向けに、ライオンはスマートフォンアプリ「グロンサンお疲れさんアラーム 」を開発。グラビアアイドルの佐山彩香、吉木りさ、次原かな、杉原杏璃の4人が、電車の中でも、どこでも優しく起こしてくれる。このアプリは、「モーニングコールアラーム」 のほか、体のゆれを感知する「寄りかかり防止機能」もある。今後は、「会議抜け出しアラーム」機能も追加される。

【関連記事】
電車で座っているときの行動1位は「寝る」
JR車内の手すりがライトセーバーに 
グーグル、お買物アプリ「Google Shopper」日本語版
ケンタッキー、位置情報連動型ソーシャルゲームアプリ「My Town」でキャンペーン
千趣会、商品の注文番号入力に特化したiPhoneアプリをリリース
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング