SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ケータイの主機能は「通話」ではなく「メール」 1日あたりの平均通話回数「ほとんどない」が4割強

 もはや携帯電話の主機能は、通話ではないのかもしれない。1日あたりの平均通話回数は「ほとんどない」が4割を超えるという事実が明らかとなった。

 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)が7月19日に発表した「携帯電話の利用に関する実態調査」(調査期間は7月6~10日の5日間、9,584人から有効回答)によると、1日の平均通話時間は30分未満が8割以上だった。また1日あたりの平均通話回数を調査したところ、「ほとんどない」が43.9%と4割を超え、「3回未満」が35.4%、「3回から5回未満」が13.3%という結果となった。

 さらに1日あたりのメール送信数を調査したところ、パケット定額サービス加入者では「1日1から5通未満」が27.4%と最も多く、次いで「1日5から10通未満」が25.2%という結果となった。未加入者では「1日1から5通未満」が37.5%と最も多く、次いで「1日5から10通未満」が26.3%という結果となった。メール送信数が10通以上の割合がパケット定額サービス加入者では約4割、未加入者では約2割という結果となった。

 一方、1日あたりのメール受信数を調査したところ、パケット定額サービス加入者では「1日10から30通未満」が32.3%と最も多く、次いで「50通以上」が27.4%という結果となった。未加入者では「1日5から10通未満」が28.2%と最も多く、次いで「1日1から5通未満」27.6%という結果となった。やはりパケット定額加入者のほうが、1日のメール受信数が多い傾向が伺える。

 今回の調査によって携帯電話の主機能であった「通話」の利用がかなり減っていることがわかった。一方、ユーザーは友人や家族とのコミュニケーションにメールを活用しており、携帯電話の利用形態に変化がみられる。通話と比べると相手が仕事中や移動中でも気軽に送ることのできるメール。今後、「通話」から「メール」の転換がさらに増えていきそうだ。

プレスリリース:携帯電話の利用に関する実態調査



この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/20 10:46 https://markezine.jp/article/detail/1485

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング