SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「年齢不詳」願望、男女ともに高まる【“見た目年齢”調査】

 NTTアドは、2回目となる「見た目年齢」に関する調査を11月上旬に実施し、30~59歳の男女300名から回答を得た。その結果、約6割の人が若く見られていると認識し、特に女性50代の2割以上が実年齢よりも10歳以上若く見られていると認識している。 

あなたは普段まわりの人から何歳くらいに見えるといわれますか
あなたは普段まわりの人から何歳くらいに見えるといわれますか

 前回調査と比較すると、「若く見られたい願望」が男女とも高まっている。「若く見られたい」と回答した人は、男性55.4%、女性77.3%となり、3年前の前回調査時(男性43.7%、女性71.1%)よりも高くなっている。特に女性50代で「10歳以上若く」が26.0%と高い傾向を示している。

 また、男女ともシーンによって「見られたい年齢」が異なり、その状況にふさわしい年齢イメージを想定している。男性では「同窓会」をはじめ「趣味や習い事の時」「子供の学校や習い事に関する行事」などで、前回調査よりも若く見られたい願望が高くなっている。一方、女性は、外出先でのシーン、中でも「話題の最新スポット」や「同窓会」で、実年齢よりも「4歳以上若く見られたい」という願望を持っている。見た目年齢をTPOにあわせて演出することで、コミュニケーションを円滑にしたいという気持ちが男女ともにがうかがえる結果となった。

【関連記事】
韓国女性が美容にかける時間と費用は日本女性の2倍
女性の購買行動は既婚/未婚、彼氏の有無でどう違うのか 
Wiiユーザーの平均年齢はPS3ユーザーよりも上
今年のネットショッピングは「女子買い」強し
女子に効くのは「ネット広告」、男子に効くのは「SEO」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング