SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

最もインターネットの発展に寄与しているのは誰? 「Web人大賞」投票始まる

 社団法人日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は、7月24日、Webの世界に貢献した“人”を称える賞「第5回Web クリエーション・アウォード」の賞候補にノミネートの14名を発表した。

 5回目となる今回は、75件の推薦が寄せられた。この中からWeb広告研究会の厳正な審査の結果、14名(別紙参照)が賞候補にノミネートされた(ノミネート14名一覧)。ラーメンデータベースの田中麻利夫氏(スープレックス代表)やモバゲータウンの畑村匡章氏(株式会社ディー・エヌ・エー部長)、アフィリエイト、ブログ関連のコンサルティングを行う和田亜希子氏(バードハウス)などがノミネートされている。当初、ノミネート者10名を予定していたが、どれも技術レベルが高いなど審査が難航、10件に絞りきれず、審査員を悩ませたという。

 ノミネートされた14名の中から「Web人大賞」にふさわしい方を選ぶために、今年は初めて一般投票を取り入れました。投票は、7月24日から8月10日まで。Web広告研究会の会員社と一般投票によって、「最高のWeb人」が決まる。投票は、Webクリエーション・アウォードHP上の専用フォームで受け付けている。なお、一般投票の中から抽選で100名に500円相当の図書券をプレゼントされる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング