MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ループス斉藤氏とさとなお氏がユニット結成
企業のソーシャルシフト支援プログラム

2012/02/28 10:55

 ループス・コミュニケーションズとツナグは、「unit“SaSa”(ユニット“ささ”)」として、企業へのコンサルティングサービス「ソーシャル&コミュニケーションプログラム」を提供。ユニット名の「ささ」は、それぞれの会社の代表者、斉藤 徹氏の「さ」と佐藤尚之氏の「さ」からとったネーミングで、日本独自のソーシャルシフトを実現するためにあえて和風でアプローチしている。

 「ソーシャル&コミュニケーションシフトプログラム」では、企業がソーシャルメディア時代に対応していくために必要な幹部と社員の「教育と啓発」を行う。年間100本以上の講演・教育実績をもつ、unit“SaSa”のふたりが企業に出向き、企業の状況・環境・課題に合わせた「教育・啓発プログラム」を実施。具体的には、ヒアリングから、プランニング、セッション(勉強会、ワークショップ)などを提供する。

【関連記事】
フェイスブック利用、40代が中心 「暇つぶし」より「コミュニケーション・情報収集」
アップル、グーグル、フェイスブックの2011年の売上比較
「全日本小学校ホームページ大賞」は、フェイスブックにも対応した「土堂小学校」
膨大なツイートから有用な情報だけを抽出し、企業サイトで公開する「Twise 」
セールスフォース、「クチコミ@係長 API」導入でソーシャルCRMを実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5