SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ループス斉藤氏とさとなお氏がユニット結成
企業のソーシャルシフト支援プログラム

 ループス・コミュニケーションズとツナグは、「unit“SaSa”(ユニット“ささ”)」として、企業へのコンサルティングサービス「ソーシャル&コミュニケーションプログラム」を提供。ユニット名の「ささ」は、それぞれの会社の代表者、斉藤 徹氏の「さ」と佐藤尚之氏の「さ」からとったネーミングで、日本独自のソーシャルシフトを実現するためにあえて和風でアプローチしている。

 「ソーシャル&コミュニケーションシフトプログラム」では、企業がソーシャルメディア時代に対応していくために必要な幹部と社員の「教育と啓発」を行う。年間100本以上の講演・教育実績をもつ、unit“SaSa”のふたりが企業に出向き、企業の状況・環境・課題に合わせた「教育・啓発プログラム」を実施。具体的には、ヒアリングから、プランニング、セッション(勉強会、ワークショップ)などを提供する。

【関連記事】
フェイスブック利用、40代が中心 「暇つぶし」より「コミュニケーション・情報収集」
アップル、グーグル、フェイスブックの2011年の売上比較
「全日本小学校ホームページ大賞」は、フェイスブックにも対応した「土堂小学校」
膨大なツイートから有用な情報だけを抽出し、企業サイトで公開する「Twise 」
セールスフォース、「クチコミ@係長 API」導入でソーシャルCRMを実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/02/28 10:55 https://markezine.jp/article/detail/15259

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング