SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドビ日本法人20周年、その成長はイノベーションとともにある

 アドビ システムズ株式会社が20周年を迎えた記念すべき日に、代表取締役社長 クレイグ・ティーゲル氏は同社の歴史を振り返りながら、その歩みが常にイノベーションとともにあったと語る。

アドビ システムズ株式会社 代表取締役社長 クレイグ・ティーゲル氏
アドビ システムズ株式会社 代表取締役社長 クレイグ・ティーゲル氏

 「イノベーションと成長」、その象徴的な存在であるアドビ システムズ共同創設者チャールス・ゲシキ氏のビデオも紹介された。氏が世に送り出したAcrobatが浸透するまでには多額の投資と時間がかかったが、現在10億ドルのビジネスに発展しており、これが変革によって成長できることの証だとコメントを寄せている。

アドビ システムズ社内でも伝説的な存在というチャールス・ゲシキ氏
アドビ システムズ共同創設者のひとり、チャールス・ゲシキ氏

 日本法人が設立された1992年当時は、Illustrator、Photoshop、Premiere、After Effectsなどが主力となっていたが、2000年代に入るとインタラクティブメディア、Webコンテンツのオーサリング領域へとビジネスを拡大。2009年にアクセス解析ツール「SiteCatalyst」で知られるOmnitureを買収することによって、オンラインマーケティング市場に参入することになる。

 その後も、Day Software、Efficient Frontierなどを買収し、「Digital Marketing Suite」としてデジタルマーケティングのあらゆるニーズにこたえる製品ポートフォリオを構築。アドビ システムズのクライアントのひとつである楽天グループから、楽天証券株式会社マーケティング本部長 矢田耕一氏がビデオで登場し、アドビ製品がビジネスにもたらすインパクトとアドバンテージについて語った。

楽天証券の矢田氏は、アドビ製品がもたらすアドバンテージについて語った
アドビ システムズ株式会社 代表取締役社長 クレイグ・ティーゲル氏

 日本法人が20周年を迎えた今年、米国本社は設立30周年を迎える。日米で迎える節目の年に、アドビ システムズはさらなるイノベーションと変革によって成長を続けるため、新しい一歩を踏み出す。

【関連記事】
デジタルマーケティングの未来はアドビが切り開く「Adobe Digital Marketing Summit」
アドビ、「Adobe SocialAnalytics」日本語版リリース
「ウェブアナリストはジャーナリスト、科学者、映画監督である」アドビ イノベーションフォーラム
アドビがDemdexを買収、オーディエンス最適化技術を提供
アドビ、オムニチュアを18億ドルで買収

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング