SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、超簡単ネット調査サービス「Google Consumer Surveys」

 「Google Consumer Surveys」は、オンライン市場調査を素早く手軽にできるサービス。調査を実施する人は、「Google Consumer Surveys」のサイトで、あたらしく調査を作成し、質問を入力し、調査対象者を設定するだけ。

 このアンケートは、グーグルのパブリッシャーネットワーク上で表示される。具体的には、サイト訪問者が、ニュース記事やビデオなどのプレミアムコンテンツにアクセスしようとするときに、この質問が表示される。そのコンテンツを観たいと思った人は、質問に答えることになる。そのため、質問はひとつだけ。サイト訪問者はコンテンツが見たくて質問に答えるのであって、質問はそのためのステップに過ぎないからだ。しかし、グーグルはこれによってより高い反応が得られるとしている。質問は「どちらのロゴが好きですか?」といったものから、さまざまに設定できる。

 回答を得たら、システムが自動的に分析してくれる。回答者の個人情報は明らかにされないが、DoubleClickのクッキーとIPアドレスを使って、年齢、性別、場所などによってセグメント化される。調査開始後、数時間で反応を得ることができ、分析結果はその日のうちに入手可能。レポートは生データだけでなく、データがチャート化され、注目ポイントが示される。

 料金は、調査対象者によって異なり、一般的な米国内のネットユーザーの場合、ひとつの回答につき0.1ドル。カスタマイズしたオーディエンスの場合はひとつの回答につき0.5ドルとなる。オーディエンスの設定は、コーヒーを飲むひと、ペットを飼っている人なども指定できる。

【関連記事】
NHKが世界最高のプレゼンイベント「TED」に密着取材、Google+でハングアウトも
Cacoo、Google+ハングアウトで利用可能に ビデオチャットと同時に図を共有
自分のGoogle利用状況がわかる「アカウント アクティビティ」サービス
世界のCIOは「つながり」重視、日本のCIOは「モノ志向」
マクロミルとMSMJ、ネットスーパーの価格比較サービスを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング