SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

研究者とマーケターが新たなマーケティング理論の開発を目指す「日本マーケティング学会」設立

 大学や各種研究所などでマーケティングに取り組む研究者と、企業や非営利組織でマーケティングに携わる実務家との交流の場を設けることで、理論と実務の融合を図り、新たなマーケティング理論や手法の開発を目指すことを目的とした「日本マーケティング学会」の設立が、5月28日、公益社団法人 日本マーケティング協会の総会で発表された。

 日本マーケティング学会の設立には、世界のマーケティング研究をリードしてきたフィリップ・コトラー氏(米ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院教授)、デービッド・アーカー氏(カリフォルニア大学  バークレー校ハース経営大学院名誉教授)を含む、国内外を代表するマーケティング学者のほか、グーグル、日本マイクロソフト、ファーストリテイリング、良品計画、サントリー、電通など日本を代表する企業の経営者など57名が発起人として名を連ねている。

 「日本マーケティング学会」は、マーケティングに関心のある人なら原則入会可能。7月中旬からホームページで会員募集を開始する。 

【関連記事】
日本初の「ネットマーケティング検定」6月に開催
マーケティングのイノベーションを紹介する 「Adobe Innovation Forum 2012」開催
アクセス解析で見えてくる、ソーシャルメディアの貢献度
米国ネット広告売上高、過去最高の310億ドル、モバイルが3ケタ成長
マイクロソフトが次期ブラウザのDo Not Track機能をデフォルトでオンに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/06/04 11:00 https://markezine.jp/article/detail/15781

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング