SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

デジタルマーケティング活用の最新事例レポート

知られざる「フィリピン」というマーケット


 先進的なデジタルエージェンシーが責任編集を行う「Agency's Choice」。6~7月は株式会社アドウェイズが担当します。第3回となる今回は、東南アジアにおける最大の英語国家であるフィリピンの市場について紹介します。

フィリピンの基本情報

アドウェイズ海外事業部フィリピンユニットの榊原清隆
株式会社アドウェイズ 海外事業部
フィリピンユニット 榊原清隆氏

 アドウェイズ海外事業部フィリピンユニットの榊原清隆です。私はアドウェイズのフィリピン現地子会社Adways Philippinesで、既存ITサービスと開発拠点運営に従事し、現在は現地マーケット調査、国内向け新規事業開発などを担当しています。

 今回は、アドウェイズが2011年に進出し、東南アジア諸国の中でもまだほとんど注目されていないフィリピンの知られざる実情について紹介します。

 まず、基本的な情報からおさらいしましょう。フィリピンは人口が約9410万人(2010年推定値)、総面積が約30万平方キロメートル、大小7100を超える島々からなる群島国家です。ASEAN諸国の中では人口はインドネシアに次いで第2位、人口増加率も2005~2010年は1.727%(2005-2010年推定値)と高い数値を保っており、人口増加による安定的な経済成長が予想されている国です。

 高年齢層の人口が顕著に多い日本のピラミッドに対して、フィリピンは若年層ほど人口が多くなるきれいな三角形となっています。今後30年にわたって被扶養者が減り続け、働く人が増える人口ボーナス期が続く見込みです。

フィリピン、日本の年齢5歳階級別人口ピラミッド(単位1000人)
日本とフィリピンの人口ピラミッド

インターネット普及率、モバイルの普及率は?

 フィリピンのインターネット利用者数はすでに2500万人になるといわれており、国民の4分の1が何かしらの形でインターネットを利用しています。インターネット固定回線の普及率は4%程度とまだまだ低い数値ですが、インターネットユーザーの多くがネットカフェやオフィス、最近ではポケットWi-Fi型の3Gネットワークサービスなどを通じて接続しています。

 一方、携帯電話の普及率は非常に高く、2010年時点で人口の9割弱にあたる約8300万人にのぼります。ユーザーのほとんどがテキスト送信サービス(SMS)の利用を目的に携帯電話を使っており、フィリピンの1日のSMS流通量は1日あたり約7億件。これはヨーロッパ全体の1日当たりのSMS流通量に相当し、世界で最もSMS利用が盛んな国といわれています。

 その中で3G携帯の普及率は、2010年時点で全携帯端末保有者の7%程度。2012年直近の保有者数は公開されていませんが、2012年現在は9~10%程度であると予想されています。ユーザーの多くは2G携帯が主流で、AndroidやiPhoneのスマートフォンの普及率は3G携帯保有者の3割程度といわれているので、まだまだこれからという感じです。

東南アジア最大の英語国家

 IT企業やコンシューマ向けサービスを提供する企業からは、なかなか進出先として選択されない感のあるフィリピンですが、最近ではオンライン英会話サービスや語学留学の対象として、徐々に日本人にも浸透し、少しずつ注目が集まりつつあると実感しています。

 フィリピンは東南アジア最大の英語圏です。タガログ語という公用語があるものの、日本でいう小、中学校の時期から英語で授業を行っており、大学卒業者などの高学歴者でなくても、ほとんどの人が第二言語として自然に英語を使うことができます。したがって、英語発話者の人材コストが非常に安く、英語を使うビジネスを行う場所としては非常に適しているといえます。オンライン英会話サービスなどは、こうした安くて豊富な英語リソースを使って日本人を相手にするビジネスのモデルケースといえるでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
成長するフィリピンBPO産業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
デジタルマーケティング活用の最新事例レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

榊原 清隆(株式会社アドウェイズ)(サカキバラ キヨタカ(カブシキガイシャアドウェイズ))

facebook ⇒ barakiyo twitter  ⇒ barakiyo 2008年新卒でアドウェイズに入社。日本本社モバイルチームでモバイルアフィリエイト営業を担当し、その後アドウェイズフィリピンオフィス立ち上げスタッフとして、渡比。現地日系企業向けのITソリューションとアプリケーション開発、運営チームのマネジメントに従事しつつ、フィリピンローカルマーケットに向けた広告商品開発に携わる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/02 11:04 https://markezine.jp/article/detail/15873

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング