SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アキナジスタ、中国ブラウザゲーム企業とスマホ広告事業で包括提携

 アキナジスタは、UltiZen Games(本社:中国上海市 CEO:Lan Haiwen 以下UltiZen Games)との間でスマートフォン広告事業における包括提携を行うことに基本合意した。

 包括提携の理由は、アドネットワーク事業を主力事業とするアキナジスタの経営課題でもある海外展開があげられる。

 中国のスマートフォン市場はモバイルインターネット市場規模が393.1億人民元(約4,700億円)、スマートフォンの生産台数が7,000万台に達している。(平成23年度)
 また、スマートフォン普及率30%のうちAndroid OSが4割近くを占めており、Android OSが大きな割合を占める日本市場で広告展開を行うアキナジスタにとって魅力的な市場である。

 UltiZen Gamesは平成17年の設立以降、中国を拠点としてクォリティの高いブラウザゲームの企画・開発を行っている企業。近年ではスマートフォン向けゲームへの事業展開にも注力している。
 今回の包括提携はUltiZen Gamesの運営するスマートフォン向けゲームプラットフォームに、アキナジスタの運営するアドネットワークの広告配信を行う。

 なお、具体的な提携内容及び取引開始の日程は未定であり、決定次第速やかに開示する予定である。

【関連記事】
電通ら3社、中国市場でAR(拡張現実)サービス
リクルート、中国で不動産情報サイト運営へ
DeNA、中国版ツイッター「ウェイボー」を運営する新浪とモバゲーを展開
電通、中国287都市のBtoC市場の規模と成長力を指数化した「China Market Power Index」
グーグル不在の中国Androidコンテンツ市場向けに ACCESSPORTと中国Qihoo 360がプラットフォームを提供

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/06/25 17:40 https://markezine.jp/article/detail/15928

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング