MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「Webブランド調査2012-春夏」発表
サントリー、McDonald’s Japanがトップ10入り

2012/06/28 15:40

 「Webブランド調査」は、企業や団体が運営する日本の主要500のWebサイトが調査対象。
アクセス頻度、コンバージョン、サイト・ユーザビリティだけでなく、Webサイトに価値やリピート意向(サイト・ロイヤルティ)、Webサイト閲覧による企業イメージ変化(態度変容)、またWebサイトから得た情報からどのような行動を起こしたか(波及効果)なども評価対象とする。

 Webブランド指数ランキング第1位はYahoo! JAPAN。前回調査(2011年10月)に引き続き首位を守った。第2位は楽天市場、第3位はAmazon.co.jpとネット専業の小売サイトが続く。

 ネット専業企業が上位を占める中、第8位サントリー、第10位McDonalds Japanがランクイン。

Webブランド指数 全体ランキング トップ30

 Webブランド指数上昇ランキングの第1位はヤマハ。そして第2位ノバルティスファーマ、第3位Twitterが続く。

Webブランド指数 上昇ランキング トップ30

 過去半年のソーシャルメディアの急速な拡大を裏付ける結果となった。特にアクセス頻度スコアの上昇度が大きく、企業サイトのマーケティング施策にソーシャルメディアを活用することは必至であろう。

【関連記事】
ソーシャルメディアを通して好きになった企業・ブランド1位は「無印良品」
電通とトライベック・ストラテジーが業務提携、企業サイトの診断&改訂サービス
トーチライト、企業サイトのソーシャル化・ゲーミフィケーションを支援する「Gigya」を国内販売
膨大なツイートから有用な情報だけを抽出し、企業サイトで公開する「Twise 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5