MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マイクロアド、RTB経由のディスプレイ広告市場規模予測を発表
2016年、RTB取引市場規模は1,000億円突破

2012/08/08 16:30

 マイクロアドは、国内におけるRTB経由のディスプレイ広告市場に関する調査を実施し、2011年のRTB経由ディスプレイ広告費と、2012年から2016年までの市場規模を試算した。

  RTB元年とも言われた、2011年の市場規模は66億円まで拡大。2012年は、前年対比4倍の256億円まで伸長すると見込まれる。2013年以降も、複数の大手ポータルサイトやアドネットワーク各社、さらにはSNS提供事業社によるRTB経由のディスプレイ広告配信面の拡大、また海外事業社の日本国内へのDSP事業参入などが進み、2016年にはディスプレイ広告の25.7%がRTB経由で配信、市場規模は1,000億円を突破すると予測される。

 RTB(Real Time Bidding)とはアドエクスチェンジが保有する広告配信技術の一つ。広告の表示毎にオークション方式で最適な広告を選択する仕組み。広告主は対象とするユーザーを指定して配信するオーディエンスターゲティング広告を効率的に運用することができる。かつディスプレイ広告を提供する媒体社にとっては、広告の表示毎に、閲覧ユーザーにとって最適と判断される広告が表示される事で1インプレッションごとの価値を向上させることが可能になる。

【関連記事】
ngi groupのSSP「AdStir」とマイクロアドDSP「MicroAd BLADE」が連携
マイクロアド、DSP「MicroAd BLADE」で「mediba ad」と連携
マイクロアド、SSP「MicroAd AdFunnel」RTB配信に掲載可否管理機能を追加
GMOインターネットグループ、スマートフォン媒体社向け収益最大化プラットフォーム「GMO SSP for Smartphone」開発
スパイア、RTB対応スマートフォン向けSSPを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5