SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「LINE」登録ユーザー数が6,000万人を突破

 NHN Japanが運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」の登録ユーザー数(iPhone/Android/Windows Phone/BlackBerryアプリ・フィーチャーフォン総計)が、9月8日時点で世界6,000万人(国内2,800万人)を突破した。

 LINEはユーザー同士であれば国内・海外、通信キャリアを問わず、無料で音声通話・メールが楽しめるスマートフォンアプリとして、日本をはじめ世界230以上の国や地域で利用されている。

 7月26日に登録ユーザー数世界5,000万人(国内2,300万人)を達成以降も、3週間に500万人以上のペースで堅調に利用者数が伸長。8月17日にBlackBerry端末に対応したほか、9月3日にはKDDI株式会社が運営するスマートフォン向けサービス「auスマートパス」でLINEの提供を開始するなど、様々なOSやデバイスへの対応強化やキャリアとの連携が更なるユーザーの獲得・利用促進に繋がっている模様。

 また、本格的な事業化・プラットフォーム化の一環として、リクルートが運営している「ホットペッパーグルメ」と連携した「LINEクーポン」をiPhone・Android版で同時公開するなど、外部コンテンツパートナー協力のもとコンテンツ拡充を進めている。そして、有料版スタンプを販売する「スタンプショップ」の売り上げが8月単月で3億円を突破するなど、コンテンツ課金収入も順調に伸びている。

 LINEは、2012年中に世界1億ユーザーという目標に向け、引き続きキャリアとの連携強化や、プラットフォームにおけるコンテンツの拡充に注力。今後は北米や中国に重点を置いた海外展開の推進により、更なるユーザー基盤の拡大を図る。

【関連記事】
ライフメディア「LINEに関する調査」実施 最も使われているサービスは音声通話ではなく「トーク」
ソフトバンク、フィルタリングサービスを利用する高校生も「LINE」を利用可能に
「LINEクーポン」スタート、「ホットペッパーグルメ」と連携
「LINE」でつかえる仮想通貨「LINEコイン」導入、占いサービスもスタート
スマートフォンとの相性の良さで、FacebookとLINEの利用者割合が急上昇【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング