SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯メールの件名で最も多いのは「Re:」―携帯メール利用時の意識調査

 メール転送サービスなどを提供するアイシェアは自社会員704名(男性54.5%・女性45.5%)を対象とした携帯メール利用時の「件名」に関する意識調査を実施した。

 発表された資料によると、「新規メール作成時に件名入力する」は72.4%であるのに対して、「返信時に件名入力する(変更)」は34.5%と、ほとんどが「そのまま返信」する人が多いようだ。また、「あなたの受信箱 多い件名は?」という質問への回答は、「Re:(Re:が続く物、「Re2:」なども含む)」が55.3%と最も多く、続いて「元気?」「お久しぶり」などの「挨拶」(31.1%)、「空欄」(10.2%)、「絵文字」(2.3%)、「顔文字」(1.1%)が続く。また、1ヶ月くらい前にやり取りがあった人へメールを出す場合でも、新規作成せずに「メールをさがして返信で」という人が28.4%となっており、ユーザーは携帯での入力作業を相当めんどうだと感じているようだ。

 しかし、「メールを受信したとき件名を見ていますか?」という質問に対しては「気にして見ている」が47.6%と最も多く、「見ているが気にしない」が36.6%と続いた。件名についてのユーザー心理は「入力されていれば見るけど、自分で入力するのはめんどう」ということだろうか。

プレスリリース:「携帯メールの件名「Re:」が5割超える。~ 件名入力 返信時は34.5%、新規時72.4%が入力。」 


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:05 https://markezine.jp/article/detail/1681

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング