SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界のゲーム企業売り上げランキングトップ50発表~日本企業は13社ランクイン

 ResearchInChinaが発行した報告書「Research on Global Top 50 Game Companies, 2012(世界のゲーム企業上位50社の分析)」によると、2012年第2四半期の世界のゲーム企業売上げ上位50社のうち、日本企業は13社ランクイン。そして中国企業(11社)、米国企業(10社)、韓国企業(9社)、欧州企業(5社)、台湾企業(2社)と続く。

 世界経済において緩やかな回復傾向にあるものの、欧州の不安定な経済状況により未だ厳しい状況にある。エンターテイメント産業においても、個人消費は弱く、今後の展望にも懸念が残る。

 ゲーム及びゲーム機器のビジネル環境は非常に競争が激しい業界であり、商品のライフサイクルも速く、頻繁に新商品や新技術の導入も進む。今後は、スマートフォンやタブレットPCの普及、ソーシャルネットワーキングサイトへの人気上昇により、ゲームソフトウエアの提供において多様化が見込まれ、幅広い顧客獲得の機会増加が期待できる。

 当レポートはグローバルインフォメーションが販売。世界のゲーム企業の売上高ベースでランキングし、各企業の企業概要、製品の販売動向、事業の見通しなどについてプロファイル情報がまとめられている。

【関連記事】
ミクシィとDeNA、ソーシャルゲーム開発基盤を共通化
カカオトーク、ゲームプラットフォーム「カカオゲーム」を日本でサービス開始
「インドのモバイルゲーム市場調査」結果発表~主流はアンドロイドベースのスマホ
ソーシャルゲーム協会(JASGA)発足
ヤフーとグリー、ソーシャルゲームとコンテンツ領域で連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/11/27 11:00 https://markezine.jp/article/detail/16826

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング